団長挨拶

シティフィル団長 太田利次より(写真下の団紹介もぜひご覧ください)


私たちのホームページにお立ち寄りいただき、誠にありがとうございます。
「音楽」とは文字通り「音」を「楽しむ」ことに他なりません。

京都シティフィルハーモニー交響楽団(通称:シティフィル)は、純粋にクラシック音楽を楽しみたい老若男女が集まって活動を続けています。

アマチュアオーケストラの主な活動はその練習にあるという信念のもと、週1回の合奏練習では団員個人の日々の練習の成果を確認し、アンサンブルの楽しさを実感し練習を重ねるごとに作り上げられていく音楽を楽しんでいます。

そして、年2回の演奏会は、その練習の成果を余すところなく披露することでお客様と団員が音楽を共有する場であると考えており、プロのオーケストラとはまた一味違った音楽を楽しんでいただけると思います。

皆さんもぜひ、シティフィルの演奏を一度ご賞味ください。また、一緒に楽しく音楽を作り上げていきたいと思われる方は、ぜひ一度シティフィルの門をたたいてみてください。

京都シティフィルハーモニー交響楽団(通称:シティフィル)は1995年に創団され、現在約50名のアマチュアフルオーケストラとして活動しています。

シティフィルの活動は年2回(通常6月と12月)の演奏会に向けての毎週火曜日(18:30~21:00)の合奏練習が中心であり、その他に室内楽発表会や慰問演奏などを行っています。

2001年12月にはベートーヴェンの『交響曲第9番~合唱付き』を京都コンサートホールで演奏し、2002年12月には上海公演で初めての海外進出を成し遂げました。

2005年12月には創団10周年記念演奏会で再び京都コンサートホールでマーラーの交響曲第一番「巨人」を披露しました。

そして、2009年12月。創団15年の節目となる第30回演奏会を三度京都コンサートホールにて行い、サン=サーンスの交響曲第三番「オルガン付き」を演奏しました。

シティフィルはこれからも団員各人が音楽を楽しみ、かつ地域社会の文化的発展に寄与することを目的に活動していきます。

コメントは受け付けていません。